読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一条工務店☆i-smart☆で 新 生 活

2017年3月着工 8月完成予定一条工務店でi-smart の平屋家屋を新築中です。建築中の忘備録として 一生に一度の経験を記録していきたいと思います。

採用したオプション

ここらでkouが採用したオプションの数々を記録しておきたいと思います。

細かい部分は割愛し主なオプションを記載しました

(各項目の金額はおおよその金額です)

 

・ベタ基礎                1,180,000円

・地盤改良工事              1,790,000円

セカンドキッチン               320,000円

・カップボード(家電収納タイプ)      260,000円

・キッチンカウンター(御影石)       150,000円

・カップボードカウンター(御影石)       70,000円

・タッチレス水栓                13,000円

・電気オーブンレンジ            130,000円

・トイレ追加(手洗い付)          140,000円

・トイレ変更(アラウーノ)           95,000円

・オリジナルテレビボード          360,000円

・小屋裏収納                220,000円

・玄関ドア電気リモコンキー           70,000円

・電気工事追加(ケーブル変更など)     290,000円

・LED照明                 150,000円

・エアコン追加               360,000円

・カーテン・ピクチャーレール        240,000円

・クロス(オプション分)            50,000円

・玄関エコカラット               70,000円

浄水器                  120,000円

エコキュート変更               46,000円

・ガレージドア追加             160,000円

・ハイドロテクトタイル(キャンペーン)   347,000円

・屋根材変更(ダミーパネル含)       320,000円

ホームシアタースクリーン         100,000円

        

記載してない物も含めると・・・・

約600万円となりましたーー!!

その半分がベタ基礎と地盤改良の費用となっており、

平屋建築の場合、基礎工事や地盤改良そして屋根など、基礎床面積が広いゆえに

2階建てに比べてオプション費用も割高になる結果になりました。

記事にはしなかったオプションも多々ありますね

まとめてみて その数の多さに驚く次第です凹

 

改めて一言。

 

たっかいなぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!

 

 

☆オプション費用が高額になった理由をまとめてみました☆

 

1、平屋建築は基礎床面積が広い為 基礎及び屋根工事が割高

2、半2世帯住居の為、キッチン・トイレを2カ所設けた為

3、メンテナンスコスト節約の為ランニングコストに重点をおいた(屋根材変更など)

4、せっかく新築だからという呪文に惑わされた

 

やはり恐ろしいのは 4 でした。

 

諸先輩ブロガー達の「金銭感覚がマヒしてしまう」という記事を

散々目にして自分はそうなるまいと気を引き締めたつもりなのに!

採用した新居をイメージする度に気持ちは緩んでいくのでした・・・

 

結果高額なオプション費用となったkou家でしたが

しかし新居での生活を豊かにするためのオプションです。

しっかり活用し、kouはしっかりお金を稼がねばと気持ちを引き締めます!

(またすぐ緩むけどw)