読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一条工務店☆i-smart☆で 新 生 活

2017年3月着工 8月完成予定一条工務店でi-smart の平屋家屋を新築中です。建築中の忘備録として 一生に一度の経験を記録していきたいと思います。

最終確認を前に

以前の記事でも書いてますが

最後の打合せを前にいくつか決めかねている場所がありました。

ひとつはキッチンの色

もうひとつは外壁タイルの色

そして急きょ浮上したトイレ・洗面所の床です。

 

 

キッチンについてはホワイトのキッチンは実物を目にする事が出来たけど

ブラックのキッチンが中々ない凹

なので近い色のブラウンのキッチンを見てきました。

2度も。

しかも1人で。(kou妻と娘は所用の為)

モデルハウス見学が嫌いではない むしろ好きになってるkouですので

1人でじっくり見てきました~♪

キッチンなら特に毎日使う奥さんが拘るところなのかもですが

色については選択権はkouなのです。

亭主関白・・・・とかじゃなくて 

ホワイトもブラックもどっちも好みすぎて選べないそうですw

ブラックじゃなくブラウンだったけど、雰囲気は掴めた感じ

部屋を暗くしすぎてしまうかもって心配は 床の色を明るくすれば

気にするほどでもないようで、キッチンはブラックに決定~!

そして御影石のキッチンカウンターも採用することにしました!

高価だけど・・採用して満足度高いオプションだし、かっこいいし

後悔しないと思うし・・←ビビりながら採用w

 

 

外壁タイルの色についてはホワイト&ピンクの図面をベースに考えまして

結果・・・ブラック&オレンジに決めました~w

(ホワイトもピーチもどこいったw)

ブラック&オレンジは某ブロガーさんのマネというか・・・マネですw

その方の外観もLDKの雰囲気も、kouがイメージする理想の雰囲気で

ほんとうに素敵でした。

でもそのブロガーさんのは2階建でして

平屋との高さの違いや、LDKには吹抜けがあったりして

同じような色使いをしても平屋建築とは雰囲気違うもんだな~って

難しさを感じながらの色選びでした~

でも迷いに迷った色選びです

後悔はないはずっす!!!!!!!!!!!!!!!!!!

        ↑祈りに近いw

 

 

最後にトイレ・洗面所の床ですが、一度はクッションフロアを選んだのです。

CCOさんもトイレの床は特に、飛び散りなどの汚れのことを考えるとフローリング

よりもクッションフロアのほうがおすすめって事でした。

kou妻も同意見。掃除をする身になれば頷けます。

しかしkouはフローリングのトイレに憧れがあったのです凸

トイレって狭い空間です。

トイレのドアを開けた時、廊下の床と違うと仕切り感が強く出て余計に狭く

感じたんです。kouは。

その床がフローリングだったら・・

 

廊下からトイレのドアを開けるとフローリングで地続きになったかのような一体感

そしてその奥にひっそりと咲く花のような佇まいの白いアラウーノ(便器)

ステキです。きっとステキです。

 

とはいえトイレでの飛び散り汚れの原因であろうkouの意見をゴリ押しできず

クッションフロアで決まりの予定だったところ・・・

フロアコーティング施工決定!!!

よっしゃトイレも洗面所もフローリングにしてコーティングしよう~!!

ということで、フローリングに決定です♪

洗面所については珪藻土のマットが吸水性がよくてフローリングが傷みにくいって

聞いたのでそれにしようかと思ってます

 

 最後まで悩んで決められなかったところも決定しました。

打合せ開始から一年以上経っていて、打合せ内容等忘れてしまって

文字にできていないとこもきっとたくさんあると思いますが

次が最終確認の打合せです。

こうして記事にしてみるとあっという間です。

営業Tさんに聞いたら、打合せ回数としては少ないほうだと言ってました。

多い方は15回とか20回近くも回を重ねるそうです

それを聞くとちょっとうらやましいw

 

今思うと、kou家は敷地の制限を理由にして、無難な間取りを自分たちで

イメージして納得してたんです。

だからもっと自由にもっともっと悩んで

敷地の制限を逆に利用してやるくらいの思い切った提案や

無難な色選びじゃなく せっかく選べるのならもっと遊び心をもって

営業Tさん 設計士Mさん コーディネーターOさん

それぞれに思いをぶつけていたとしたら、更に楽しい家づくりが

出来たのかもしれないなって思います

 

これから家づくりをされる方は 大いに悩んで迷って考えて

自分の拘りや無理難題をそれぞれの担当さんに遠慮することなく、

とりあえずぶつけてみてほしいと思います。

施主側の熱が不可能を可能にできることもあるかもです!!!